TOP > ガールズダイエット体験談 Vol.1 Chinamさん

ダイエット体験談 前置きレコーディングダイエットで1年で体重-12kg減!
ガールズダイエット会員のChinamさん(23歳・会社員)は、「レコーディングダイエット」を自分なりにアレンジしたオリジナルのダイエット方法で、1年間に12kgのダイエットに成功!ダイエットして自分に自信が持てたから、恋愛にも前向きになれて、最近かっこいい彼氏ができたんだそうです。喜びの声とともに、ダイエットを続けるコツをお聞きしました。

◆Chinamさんのダイエットの歩み

上記がchinamさんのダイエットグラフ。停滞期も乗り越え、1年でみごと12kg減に成功!

ダイエット開始 :
健康診断で「太りすぎ」と判定され、生まれて初めてのダイエットを決意。
自身のダイエットを公開するためのブログを探し、ガールズダイエットに出会う。
ダイエット方法「前書きダイエット」逆レコーディング。まずは7kg減に成功。
開始から6ヶ月 :
停滞期に入り、60kgを境にがんばっても体重が落ちなくなってしまった。
停滞期を乗り越えた先輩ダイエッターのやり方を参考にガールズダイエットで励ましあいながら、やる気を維持。
開始から1年 :
諦めずにダイエットを継続。1年で12kgのダイエットに成功!
憧れだった109で雑誌に載っているようなショップの、Mサイズの服が着られるように。
おしゃれも楽しめるし、最近すてきな彼氏ができた。

◆ダイエットのきっかけ~自分に合ったダイエット方法を見つけるまで

「健康診断の”太りすぎ”の判定がショックでした」と話すChinamさん。

― 1年で67kgから55kgに。12kgのダイエット成功おめでとうございます。
まず、ダイエットをしようと思ったきっかけから教えてください。
学生時代、健康診断で「太りすぎ」って診断されてしまったのがきっかけです。病院での健康診断結果を、学校の先生に提出しなくてはいけなかったのがすごく恥ずかしくて。もう太っているのはイヤだ、って。それでダイエットを決意したんです。
周りの友達にダイエットの相談はしにくいので、ダイエット本や雑誌でかなり研究しました。ガールズダイエットは、そのとき読んだ雑誌にちょくちょく記事が出ていたので、登録したんです。
始めは何が自分に合うかわからないので、とにかくいろいろなダイエットを試しましたよ。
当時話題になっていた、朝バナナダイエットに、伊達友美先生の「伊達式ダイエット」や「コアリズム」……。
中でも岡田斗司夫さん提唱の「レコーディングダイエット」が一番合いそうだったんですが、私は食べ始めると止まらず食べちゃうタイプ。「書くだけで痩せるんだから、いいや」って甘えて、余計に食べ過ぎちゃいそうで。
だから、アレンジして、「前書きダイエット」っていうダイエット方法を考えました。
レコーディングダイエットは、食べた後に、食べたものを記録しますけど、逆にやるんです。食べるものを決めたら、先に書いちゃう。それ以外は食べない、という方法です。携帯からガールズダイエットに記録したり、携帯使えないときは手帳にいたりしてました。

◆ガールズダイエットで簡単カロリー記録

「携帯からカロリーを調べられて計算できるのは便利ですよね」

― 食べるものを書いておくのに、ガールズダイエットが役立ったんですね。
はい。そうなんです。それまではカロリーのことってよくわからなかったんです。どれが何カロリーかということも、気にしたことがなかったし。漠然と「から揚げは高カロリーなんだろうな」くらいで。
ガールズダイエットは食べ物の名前で探して、カロリーを登録していくと、日記に合計カロリーを計算してくれるから、すごい!と思いました。だって、カロリーの本って厚かったりして持ち歩きにくいじゃないですか。ページを探していくのも、めんどくさいし、自分で計算するなんていちいちやってられないから……。携帯ならいつも持っているので、思いついたらすぐ書けますよね!
携帯でレコーディングって初めてでしたが、すぐに慣れました。食事の時間も記録しておけるし、書くだけで自動で計算してくれるし、とても便利だと思います。

手帳でも携帯でも、体重をメモしておくとやせたことを実感できる。

― ほかに気をつけたことはありましたか?
あと、体重もなるべくメモするようにしてました。 私は仕事中は携帯持てないので、手帳に記録しておいて、ヒマな時にガールズダイエットに入力してました。だんだん減っていくのがグラフに表れるのですごく達成感がありましたね。
ダイエットが辛くなると、太ってたときの服を着てみてゆるくなっているのを確かめたり、ペットボトルに痩せた体重と同じ重さの水を入れて持ってみて「この重たいのが全部脂肪だったんだ」と実感して気持ちを奮い立たせていました。
だけど、7kgくらいやせたところで体重が全然減らなくなってしまって……。いわゆる停滞期なんですけど、もう、あきらめようかと思いました。

◆停滞期をガールズダイエットの日記で乗り越えました

Chinamさんのガールズダイエットの画面。停滞期のときは特に、日記のコメントに励まされたそう。

― 停滞期はどのようにして乗り越えたんですか?
停滞期を乗り越えた人の口コミとか日記もよく読んでいましたね。 みんなの日記のコメントを見ているとやる気が出てきたんです!
自分で書いた日記に、お返事がもらえるのもうれしいです。「がんばってますね!」なんて書かれると、今日もダイエットをがんばろうって思えるんです。
お腹がすいたけど、日記に「甘いものは食べない」って書いちゃったから、食べたいけどガマンしよう!みたいにがんばれましたね。 正直本当につらくてドカ食いしたいこともあったけど、続けられたのは、ガールズダイエットで励ましてくれた人たちのおかげです。 そうやって続けているうちに、また体重が落ち始めて、停滞期を克服できたんです。
― 12kgやせて、自分で「変わったなあ」と思うことは何ですか?
好きな服が着られるようになったこと!太っていたときは、109とかオシャレな服を売っているお店が恐かったんです。
どうせサイズが合う服なんてないし、店員さんも相手にしてくれないだろうなって思っていたし。
だから、 ダイエット成功して買い物にに行くのは勇気が要りました。
でも服を着たときは、スルっと入ったから「やったあ!」って感激! しかも、店員さんに「お似合いです」って言われたんです!通販じゃなくて、好きな服が着られるって、こんなに楽しいんだ!って思いました。それからですね。気持ちがどんどん前向きになりました。

◆ダイエット中の人への応援メッセージ

ダイエットしてうれしかったのは、
彼氏ができたことだそう。インタビュー中もとても幸せそうでした。

苦しいこともあるけど、その後の楽しさのほうが何倍も上だと実感しています!

おしゃれが今は本当に楽しいし、ダイエットに成功したおかげで彼氏もできたんですよ。かっこいいし優しいし本当に幸せです。
恋愛も、前だったら、自分から好きって言い出せないし「どうせ私なんて、うまくいかないだろうな」って諦めていましたから、いつも片思いで終わっていたんです。でも、ダイエットに成功してから自分に自信が持てるようになりました。

ガールズダイエットでたくさんの人に励ましてもらったことに、本当に感謝です。 励ましてもらったからダイエットに成功できたと思います。
まだあと5kgくらいダイエットしたいと思っているので、みんなで一緒にがんばりましょう!

取材日:2011年6月

ガールズダイエットに参加しよう!!